会長挨拶

同窓会会長 薬友会会長
藤本 高弘(昭和60年卒業7期生)

平素は薬友会の会の運営につきまして、会員の皆様から多大なご協力とご支援を頂いておりますこと心からお礼申し上げます。

また、今回の新型コロナウイルス感染症の発生により影響を受けた皆様方に心よりお見舞い申し上げます。そして最前線でご活躍されている同窓生の皆様へ心から敬意・感謝申し上げます。

さて、この度、北陸大学薬友会会長選挙の結果、私(藤本 高弘)が、第11代薬友会会長を拝命いたしました。

私は20年間の薬友会活動(主に卒後教育研修会)を通じ、社会(薬剤師会等)で活躍されている同窓生の存在を数多く知ることが出来ました。
ここ最近では、災害の現場(D-MAT等)や新型コロナウイルス感染防止のために医療現場や医療提供施設、行政などでご尽力されている同窓生の姿も数多く拝見することが出来ました。

また、7月より公開になります石原さとみさん主演のドラマ「アンサンクシンデレラ」では今まで世間には見えにくかった病院薬剤師の仕事がより多くの皆さんに理解していただけると思います。

これからも同窓会活動を通じ一人でも多くの卒業生が表舞台に立ち、個々が有する経験や知的財産を集合知に変え、情報発信のために卒業生ネットワークを再構築し、「薬剤師職能の見える化」を推進したいと思います。また地域社会への貢献を通じ北陸大学薬学部の更なるブランド化を目指していきたいと考えております。

まずは持続可能な同窓会運営を目指し、環境の変化と地域社会における新たな役割に対応できる薬剤師養成に向けて、これまで以上に、大学との太いパイプを活用し、各支部の卒業生のつながり(研修会・卒業生の集い等)を通して、若い方にも参画しやすい同窓会組織にしていきたいと思います。

どうか、これからも諸先輩の皆様、後輩の皆様、教職員の皆様のお力をお貸し頂けますようお願い申し上げます。
また、北陸大学発展のため、これまで以上に同窓会の活動に関心を持っていただき、主体的かつ積極的に参画していただけますよう願っております。

令和2年7月1日
北陸大学薬友会 会長 藤本 高弘